50代 男性
会社経営をしています。起業している方の大部分が信心ごとには気をつけていると思います。例えば、神棚を飾る、ご祈祷に行くなど。その一環で定期的にある有名な占い師を紹介していただきました。15年ほど前のことです。当然ながら、自社の行く末を占っていただきたいと思い伺いました。占い師の方は、当時、60歳くらいの女性で、何か特別なオーラというか雰囲気を纏っている感じの方でした。最初に、名刺を出しなさいと言われ、名刺を差し出しました。その次に半紙を用意され、そこに自分の名前と生年月日を書くように言われ、言われた通りに自分の名前と生年月日を書きました。しばらく、自分のこととか会社のこととか関係ない世間話をしました。最近の気候とか、紹介者の方がどうとかの話です。10分くらい経過した時でしようか。突然、「あなた、ここら辺(私のおへその上あたり)が緑色に見えるわよ。すぐに病院に行って診てもらった方がいいわよ。」と言い出しました。
あと、私の過去にこういうことが起きたことがないかとかの話をしてきました。全て当たってました。後日、病院に行くと、なんと片方の腎臓に穴が空いていていました。これまた、不思議なのですが、このことを占い師にお話をすると気功も使う鍼灸師を紹介され、そこに行きなさいと言われ、施術を3ヶ月間していただくと穴が空いてた腎臓が塞がってきました。医者は、こういうことは西洋医学ではありえないことだが、何かしたのかと言われ、
気功を使う鍼灸師の所に通って施術してもらったことを話すとあり得る話だと納得していました。それだけではありません。当時、社業が好調で大きい事務所に引越しをしたい旨、占い師に相談すると地図をだし、この辺りがいいと引越し先候補の場所を特定しました。駅からの道順も全て見えているようで、ここにこういう店があるなどの情報を話はじめました。そこに行かれたことあるんですか?と尋ねると、「見えるのよ」との一言。それで、引越し先候補のビルのフロワーの間取り様子などの説明を受けました。たまたまですが、そのビルは、私の後輩の会社が管理してるビルで、後輩に頼んで内見させてもらいましたが、その占い師の説明通りの間取りになっていて、この場所が良いとの話になり、すぐに契約しました。信じる信じないは当の本人次第ですが、見える人のいうことが良いのか悪いのかわかりませんが、信心深い方には、こういう方に相談できるようにしておくのも良いと思います。ある意味メンターになりますから。

Post Author: amalhqtr