48歳主婦です。夫と娘2人と暮らしています。
仕事で地域の情報誌を作成しており、その中にタロット占いのコーナーがありました。
そのタロットの先生を紹介していただけるとのことになったので、友人を誘い、タロットの先生に会える日を楽しみにしていましたが、自宅で先生のお母さまが大けがをし、介護の為しばらく占いはできないということになってしまいました。
当時、私は主人のことが気がかりでならなかったのです。仕事から帰ると鬱状態で、そのくせ休みになるとやたらはしゃぎ、早起きし、出かけよう出かけようとするのです。
なんというか平日とのギャップの大きさに異常を感じていました。

占いしてほしかったね~とタロット占いしてもらえなくなってしまった私と友人は地元で他の占い師を探すことにしました。
ネット検索していましたら、雑誌JJにも連載経験があるという方がネットで見つかったので、早速電話して予約を入れました。

占いの先生は50代くらいの男性で、必要なことはサイトに書いてあった通り、姓名、生年月日、産まれた時間がわかれば。それをお知らせして占ってもらいました。
私のことをまず紐解き、「先生とか~なにか教える仕事なんか向いている」と、
私は正直子どもたちに絵画教室などできたら、と思っていたのでびっくりしました。

主人のことは、「この人今たいへんなはずだよ、自分とは真逆の人がいてその人の方が立場が上、旦那さんかなり闘っていて苦しいと思うけど、来年の自分の誕生日くらいには、今悩んでることが嘘みたいになくなる。なんでもなくなる。」と言ってくれました。
主人は海外出張が多いのでテロなども心配だと相談すると、「大丈夫この人はそういうのには巻き込まれない。この人はね~アレルギー!胃腸とかね下痢とか。」
テロではなくアレルギー!笑ってしまいましたが、そうなんです。おなかも壊しやすくて、ちょっとアトピーもあるんです。

帰ってから主人に占いの先生に聞いた、たいへんなのは誕生日くらいまで、という話を伝えました。
今までそんな話は聞いたことがなかったのですが、新しい上司が、毎度どうでもいい細かいことを言ってくる。意味ないですよデータ出ています。と示しても聞く耳をもたず、全て最初からやり直したうえでデータを持って行くと、そんなもの必要ない!頭をつかえ!などと言う。この上司の指示で、行かなくてもいい出張、無駄作業も増え、みんな不満がつのるばかり。
そのくせ自分より上の人には、膝がガクガクするほど緊張して接していて、この上司をみていると行動が不安定で怖いし、ほとほと困っていると。

そんな人と一緒に仕事しているなんて知らなかったので聞いていてかわいそうで涙が出ました。
でもそういう会社のことや仕事の話を家庭ではできなかったんだな。と思い、私も反省しました。

そして結果、その上司は去っていったのです。海外の支社の副社長に就任したそうで、やはり何かしら突出した方だったんですね。でももう一生会わないでしょう。
その辞令は突然、年内に出ました。引継ぎなどの関係で11月あたりから出社しなくなり、本当に主人の誕生日を過ぎるあたりには、平和になっていたようです。

家族が悩みをかかえていそう、様子がおかしいと思ったら、まず第一には家族が話を聞いてあげることが第一だと思います。私も当時はまだ子どもたちも小さくいっぱいいっぱいだったかもしれません。
家族を思いやる気もちというのは、たとえどんな状態でももっていなくてはならないなと反省しています。
悩みをかかえている人、または私のように家族が心配な人、このケースのように苦労や心配に期限があることがもしわかったらがんばれますか?

都合のいい占いの結果を望んではいけないかもしてないですが、もう一度がんばってみたい人は占いを訪ねるのもいいかもしれません。私はこの先生に会ってよかったです。

Post Author: amalhqtr